中秋の名月2日後の月の写真

中秋の名月の写真を撮り損なってしまいました。
今年の中秋の名月は、皆様お馴染みのスーパームーン!
いつもより大きく月が見えますよね。
スーパームーンは 珍しい現象ではないのに、数年前から話題になり始めた気がします。

翌日の日付が変わって9月30日の未明に、月の写真を撮ってみました。

9月30日未明の月             (OLYMPUS PEN Lite E-PL6で撮影したものです)

真正面から太陽の光を受ける満月よりも、欠けた月の方がクレーターがくっきり見えます。
まだまん丸に近い状態ですけれど、やはり気持ちクレーターがくっきりしているようですね。
気のせいでしょうか。

望遠率のいいレンズを使うか、天体望遠鏡と組み合わせれば、
もっともっとクレーターがくっきりはっきり写るでしょうね。

ティコクレーターって、みかんのヘタみたい♪

3月12日(01:22 JST最大)にX2.2 の太陽フレアが発生しました

3/12のX2.2 の太陽フレアが発生した位置は2297黒点群、真正面ではないものの地球向きですね。
2297黒点群は現れてから、幾度となくCクラス、Mクラスの太陽フレアを発生させていましたから、
そろそろ大きいのが来るかな?と思っていたら、やはり来ましたね。

2015年3月12日2297黒点群

*     SWC宇宙天気情報センター のHPからお借りした、SDO衛星からの画像です。

黒点が少ないので、分りやすいです。
画像の中央よりやや左に見えているのが2297黒点群です。

画像は日本時間の3月12日1時30分のものです。
太陽フレアが最大に達した1時22分の8分後ですね。

太陽の光が地球に到達するのに、約8分かかったとして(3月なら8分切っているのかな)
実際には最大のX2.2へ達した16分後の2297黒点群の画像と言うことになります。

昨年の10月に巨大な2192黒点群で発生した太陽フレアでは、軒並みCMEの放出が
みられませんでしたので、例外があるのは素人の私にも分っていますけれど、
2297黒点群で3月10日発生したMクラスの太陽フレアで、CME(コロナ質量放出)が
確認されているので、今回のX2.2の太陽フレアでもCMEが発生していると思われます。

私が今回のX2.2の太陽フレアの発生を知ったのは、SWC宇宙天気情報センターからの
メールでした。

メールを読んで、すぐSWC宇宙天気情報センターのHPを確認しましたが、
その時はまだX2.2太陽フレアの情報は更新されていませんでした。

しかし、この記事を書いている途中で更新されました。
こんな夜中なのに、SWC宇宙天気情報センターの担当の方は仕事が早いです!
もしかして、自動更新の可能性もありますね。

SWC宇宙天気情報センターからのメール配信サービスへの登録は、
こちらのデータ配信サービスのページから行えます。

メールは、太陽フレアの自動検出による自動配信の様で、おそらく情報が一番早いです。

まだ登録されていない方は、登録して最新情報を手に入れましょう♪

地球に接近中の小惑星

只今、地球に接近中です。
地球から、地球の衛星である月までの距離の約3倍まで近づきます。
最接近は1月26日(米国時間)です。
天体望遠鏡or双眼鏡の準備はよろしいでしょうか?
小惑星2004 BL86星人の皆様、地球を観測する最大のチャンスです♪

 

【恐怖】1月26日、巨大小惑星が”過去200年で類を見ないほど”地球に接近する!!

一昨日、こんなニュースをネット見つけて、驚いてしまいました!

 

まだ新年も始まって3週間足らずというこのタイミングで、全地球人にとって非常に気掛かりなニュースが飛び込んできた。なんと今月、巨大小惑星が地球に最接近する見込みだというのだ。しかもその位置が、過去200年間で最も地球に近いというのだから、これはただごとではない。詳細についてお届けしよう。

英紙「The Daily Mirror」をはじめとする複数の海外メディアが今月18日に報じたところによると、間もなく地球に最接近する小惑星とは、直径約500mの「2004 BL86」。2004年、NASAとMIT(マサチューセッツ工科大学)の共同プロジェクト「リンカーン地球近傍小惑星探査(LINEAR)」により発見された。

いまだ謎も多い小惑星「2004 BL86」の最接近は、今月26日と想定されており、その位置は地球から月までの距離(38万km)の約3倍、120万kmの地点であるという。今回は、地球衝突という最悪の事態は起きないと考えられているが、宇宙の広大さに比べればニアミスのような接近距離なのだ。この点について、元・NASA「地球近傍天体プログラム」事務局長のドン・ヨーマン博士は次のように語っている。

「来週月曜日にやって来る小惑星『2004 BL86』は、少なくとも過去200年でもっとも地球に接近します」
「脅威にはならないことが分かっていますが、宇宙の大きさを考えれば、これは極めて近くであると言えます。観測と分析の絶好の機会となるでしょう」
「アマチュア天文家が望遠鏡や双眼鏡で観測するのに十分な明るさを持っているでしょう。私もお気に入りの双眼鏡で試してみたいと思います」
「小惑星は特別なものです。将来には、貴重な鉱物資源や天然資源となるでしょう」

さて2027年8月7日には、直径1kmほどの「1999 AN10」という巨大小惑星が、今回よりもさらに近い、地球から約3万kmの距離にまでやって来ると考えられているとか。「2004 BL86」そして「1999 AN10」の両小惑星が、何かの間違いで地球に衝突することがないよう祈るばかりである。

              「2015年1月20日エキサイトニュースより引用」

我が目を疑いました!

だって『”過去200年で類を見ないほど”地球に接近する』ですよ?
タイトルだけ読むと驚きますよね。
一体、どの位近づくというのでしょうか?

まさか大気圏をかすめるとか?!

しかしよく読むと
『その位置は地球から月までの距離(38万km)の約3倍、120万kmの地点であるという』

えっ? 遠いし… 十分距離あるし…?

『”過去200年で類を見ないほど”地球に接近する』って?

去年も小惑星が月の軌道の内側に入った事があったはずです。
つい数日前は、月までの距離の1.6倍だかの距離まで近づいた小惑星もありました。

別に3倍の距離なんて珍しくないですけど???

もしかして、私の表の見方が間違っているとか…
ずーっと勘違いしていた?

私は地球に接近する小惑星が気になって、時々NASAのNear Earth Object Program
というサイトで情報をチェックしています。

Near Earth Objectとは、地球近傍小惑星の事です。
説明するまでもなく、地球に近づいてくる軌道を持つ小惑星の事です。

私がよく見ているNEOの表があります。
この表の見方をずっと間違えていたのかと思いました。

表の中の問題の箇所を赤い枠で囲ってみました。

NEO1

2015年1月20日に月までの距離の1.6倍と、1.8倍の距離まで近づいた小惑星がありますよね。

本当に表の見方が間違っているのか思わず見直してしまいました。

表には1 LD = Lunar Distance = ~384,000 kilometers  と書かれています。
月まで距離に間違いありませんね。

次の表に接近中の小惑星 2004 BL86 も表に出ていますので、赤い枠で囲ってみました。

NEO2

表に因ると月までの距離の3.1倍、小惑星の大きさは、420m~940mです。

『その位置は地球から月までの距離(38万km)の約3倍、120万kmの地点』
『直径約500mの「2004 BL86」』
記事と内容が一致します。

表の見方は間違ってなさそうですね。
いくら英語だからって、こんな簡単な表を見間違えるはずありません。
自分を疑って損をした気分ですが、自分を100%信用したことはないので、まぁいいです。

では何が『類を見ないほど。地球に接近する』なのでしょう?

『【恐怖】1月26日、巨大小惑星が”過去200年で類を見ないほど”地球に接近する!!』

あーーー!巨大小惑星!という部分ですね!

確かにサイズ的には大きいです。
「ドデカイ小惑星が地球に近づいてくるよ」って言いたかったわけですか!

『元・NASA「地球近傍天体プログラム」事務局長のドン・ヨーマン博士は次のように語っている。』
語ったのは、元NASAの職員の博士ですね。

この記事のタイトルにあるような大袈裟な言い方をしたのが、その博士なのか、
あるいは記者なのかは分かりませんが、私も別の意味ですごい勘違いをさせられました。

勝手に勘違いして自分を疑っただけでしたけれど
表の見方が間違っていなかったのは良かったです。

私の場合、英語の表の見方より、日本語の解釈に問題ありですね。

10月22日(23:28JST最大)にX1.6の太陽フレアが発生しました。

発生した位置は2192黒点群、真正面ではないものの地球向きになります。

前回のXクラスの太陽フレアは、10月19日に今回と同じ2192黒点群で発生したX1.1でした。
この時の2192黒点群はまだ太陽に東側にあったのと、CME(コロナ質量放出)の発生が特にみられなかったそうで、
記事にしませんでしたが、このフレアの影響で、日本でもデリンジャー現象が確認されていて、

その前は、9月11日には地球の正面向きでX1.6太陽フレアの発生がありしました。
9月11日のX1.6の太陽フレア発生に伴って、CMEも発生していました。

CMEが先か太陽フレアが先かは分っていません。
太陽についても、人類は分らない事だらけですね。

多くの場合、太陽フレアが発生するとCMEも発生しているので、セットのように考えていましたけれど、
Xクラスの太陽フレアの発生で、CMEを伴わないこともあるのですね。

昨日22日に発生したX1.6の太陽フレアのCME発生の情報はまだ確認できていません。
今確認出来ないという事は、CEMの発生はなかったのかもしれません。
2192黒点群           Daily Sun: 22 Oct 14  Courtesy of spaceweather.com

 

2192黒点群は木星1個分程の巨大なものです。

2192黒点群 大きさ              The Sun Today   Courtesy of  Solar facts & Space Weather

2192黒点群は活動が活発で、まだ大きい太陽フレアを発生させそうです。
これから地球の正面になるので、今後も目が離せません。

磁気嵐発生中

9/11に発生したX1.6の太陽フレアに伴うCMEによる太陽風の乱れにより、
地磁気嵐が発生しています。

09131841

宇宙天気情報センターのデーターです。
本日9月13日18時41分のものです。

短波通信への影響がありそうです。

磁場が南向きに替わって来ると、もっと影響が出そうです。

デリンジャー現象は起こっていない様ですね。日本はこれから太陽とは反対側になるので、
デリンジャー現象は大丈夫です。

もうちょい影響は少ないと思っていたのですが…
いえ、これ位は想定内かな。

1.6でもXクラスだけはありますね。

9月11に発生したX1.6の太陽フレアに伴うCMEの影響

朝起きて宇宙情報センターのデータをチェックしました。
朝と言っても、11時半頃でしたが。。。

11時39に更新された宇宙情報センターの宇宙天気ニュースを見ると、
本日13日深夜1時少し前に、X1.6の太陽フレアに伴って発生したCMEに因る太陽風の乱れが
地球に到達していた様です。

磁場データグラフ

上の画像は宇宙天気情報センターのう宇宙天気ニュースよりお借りました。
UTC16時、日本時間の午前1時少し前にグラフの数値が上がって、磁場が変化したのが分ります。

 

 

09131150

 

09131150-2

上の2つの画像は宇宙情報センターの11時50分のデータです。

昨夜から未明にかけてチェックし時とあまり分りません。

もう1度見たら、今度はスポラディックE層の地名の丸に赤色が!
また見直すと、沖縄が黄色くなっているだけでした。

09131218

刻々と変わっているようですね。

まだ磁場の揺れに注意が必要の様ですが、明日になれば落ち着いてくるそうです。
影響が分りやすいのは、やはりオーロラですね。
極地では綺麗なオーロラが観測されています。
いいですね。オーロラ♪

 

太陽風より問題なのは、、朝9時15分の電車に乗って出かけるはずだった私が、
13時にまだ自宅に居る事です。

せっかく宇宙博に行こうと思っていたのに、今日の予定は変更です。。。

太陽フレア発生の影響とハロー型CMEとは

9/11に発生したX1.6の太陽フレアに伴うCME(コロナ質量放出)の影響に因る
太陽風の乱れが地球に近づいています。
早ければもう地球に到達する頃ですが、現在発生している急始型地磁気嵐は、
9/9に発生した別のCMEの影響でに因るものの様です。

宇宙天気

宇宙天気情報センター

上の画像は、宇宙天気情報センターからお借りした9/13 0時42分のデータです。

X1.6の太陽フレアに伴うCMEの影響で、このグラフの数値がどう変わるのか
見守りたい所ですが、明日は朝起きられたらお出かけをする予定なので、
どこまで見守れるか分かりません。

X1.6の太陽フレアに伴うCMEは、綺麗なハロー型です。
太陽全体を取り囲んで360度の方向へ放出されています。

CMEハロー型

宇宙天気情報センター

上の画像を、左から右の順で見ると分かり易いと思います。
地球向きに発生したCMEは宇宙空間全体に広がって行きます。

ハロー型のCMEとは、この様な形の事です。

太陽の裏側で発生したCMEであっても、地球へ影響が届く場合があるのはこの為ですね。

9月13日午前1時の太陽系

STUDIO KAMADA 太陽系の天体の位置を表示する

上記のサイトから、太陽系の内惑星と火星の天体図をお借りました。

太陽を挟んで地球と反対側の位置に近い金星へも、今回のCMEの影響が届くでしょう。
火星も同様です。

磁気圏がない金星や火星では、地表まで影響が届きます。

地球には磁気圏があるので、強いCMEが発生したとしても、地表まで届く影響は極わずかです。
ちなみに水星にも磁気圏があります。

CMEが発生すると、光速で電磁波、高速に近い速度で放射線が向かってきます。
太陽フレアの発生は、X線の変化で自動検出されています。
太陽フレア発生・CME発生の情報が地球に届いたら、宇宙ステーションに居る宇宙飛行士は
直ちに安全圏へ退避しなければなりません。ほんの数分の猶予しかありません。

退避と言っても、船内の壁の厚い部分に避難するだけでなので、
完全に被爆を防ぐのは難しいでしょうね。

2009年の11月にNASAのボールデン長官が来日した際、東大の講堂で講演会を開いたので、
私も聞きに行きました。
その時に長官は、宇宙飛行士なる人は「リスクを恐れない人」だと言っていました。
宇宙へ行くのは、被爆も覚悟の上でしょうか。

宇宙飛行士はともかく、地球上で暮らす人々は、磁気圏で守られているので心配はありませんが、
なんと世の中には、太陽フレアのせいで体調が悪くなった(と思っている)人が居る様です。
病は気からといいますからね。どうぞお大事に。
太陽フレアリスト宇宙天気情報センター 太陽活動の状況 

上の画像は、2013年12月29日から9月11日までの太陽フレアの発生状況のデータです。
細かくて分かり難いと思いますけれど、表の中の赤い部分がXクラスの太陽ブレア、
黄色がMクラス、緑がCクラス、青がBクラス以下です。
太陽フレアとCMEの、規模と向きがどうかは別として、これだけ頻繁に発生しています。

太陽フレアの発生で、いちいち人体に影響が出ていたら、たまった物ではありませんね。
ネタだったら面白いですけれど、本気で誤解する人がいるのは、科学(理科)の教育に
問題があるからだと思います。

話が逸れましたがCMEの発生で生じたプラズマは、電磁波や放射線より遅れて、
太陽風に乗って2~3日後に地球へ到達します。
そしてオーロラ、磁気嵐、デリンジャー現象等が起こります。
CMEの影響で1989年にカナダのケベック州で停電が起こったのは有名です。

wikipedia 太陽嵐 を参照。

この一連の話は、以前書いていたファンブログでも記事にした記憶があります。
あの頃とは自分の理解度が違うので、もう一度書いてみました。
分かりにくさや、伝わりにくさは前と同じかもしれません。

今回のX1.6の太陽フレアに伴うCMEの影響は、どこまで出るでしょうか。
NASAが警告を出している様ですが、NASAって毎度お騒がせなんですよね。
何度もNASAの警告に踊らされてきたので、予算獲得の為に大袈裟に言う事が
多いのではないか?と、最近思っています。

9月11日(02:45JST)にX1.6の太陽フレアが発生しました。

発生した位置は太陽のほぼ中央、地球向きです。
このX1.6の太陽フレアは2158黒点群の領域で起こっています。
太陽フレア発生直後の情報は、後から時々発生領域に訂正が入る場合がありますが、
今の太陽を見ると活発な活動領域が中央に来ているので、地球向きで間違いはなさそうです。

太陽9月11日

参照  宇宙天気情報センター 
画像SOHO  SOLAR AND HELIOSPHERIC OBSERVATORY

 

太陽フレアに伴うCMEの発生状況と噴出した向きが気になります。
それに因って地球への影響が変わってきますよね。
どちらにしても、地球への影響はあるはずです。
極地ではまたオーロラが綺麗に見えるでしょうね。

7月17日は太陽黒点数が0になってしまって、このまま静かな太陽になるのかと心配しましたが、
そうでもなさそうですね。

ですが、Xクラスの太陽フレアの発生は久しぶりです。
調べてみると6月10日以来の約3ヶ月ぶりでした。

宇宙天気情報センターの情報で、先週の始め(9月2日)に太陽の裏側で大きなフレアが
発生したと聞いていたので、その領域が地球向きに来た時にX級のフレアが発生するのでは?と
思っていました。
時期が早い気もしますから、同じ領域かどうかは分りませんけれど。

今回X1.6の太陽フレアが発生した2158黒点群以外に、Cクラスの太陽フレアが多く発生している
2157黒点群も太陽中央付近にあるので、2158黒点群と共に活動に注目しておこうと思います。

8月11日未明はスーパームーン

8月11日は満月、最近話題になっているスーパームーンです。
月が地球の周りを楕円軌道で回っている為に、月が大きく見える時と小さく見える時があります。
大きく見えるのがスーパームーンです。

月

国立天文台 今年最大の満月より

国立天文台の情報によると、今年1番小さく見えたのが1月16日。
上の図を見ると違いがよく分かります。

月が最も近づくのが午前2時43分で、満月になるのが、午前3時09分。
1番大きく見えるのは午前3時09分です。

NASAのYou Tube の動画でも解説されいるように、1番小さく見える時と比べて、
スーパームーンの時は、14%大きく、30%明るく見えるそうです。

月2

presented by nasa

日本時間で8月12日から13日が、ペルセウス座流星群のピークです。
月明かりで流れ星は見え難そうですね。

台風の影響でお天気が気になります。
スーパームーンを見ることが出来るでしょうか。

 

✩✩✩—————-✩✩✩—————-✩✩✩—————-✩✩✩

スーパームーンの時にXクラスの太陽フレアでも発生したら、また阿修羅さんが記事にしそうですね。
もう2年以上も前になりますが、あの時は参りました。

ファンブログで太陽の記事を書いていたら、この日に限って何やら急にブログへのアクセス数が増えたので、
不思議に思って辿ってみると、阿修羅さんが私の記事を引用されていたんですよね。

X5.4スーパーフレア 地球向き 大変だ ネットもオンラインも送電も破壊される ケベック大停電に匹敵

↑この記事です。
おかげで何やら私までアホ扱いでしたけれど、とても参考になりました(^O^)

私の所へ流れて来たアクセス数を考えると、阿修羅さんのブログは大人気のようです。
他の記事も色々読ませて貰って、こういう記事の書き方をするとウケるんだな~って思いましたが、
私には真似できません。
ちょっとばかり主義に反するんですよね…

阿修羅さんのブログは変わっていて面白いので、時々読ませて貰っています。
記事の内容にそぐわないピーターラビット的なかわいい絵が載っているのもいい感じです。
読んでいて、たまに影響受けて正気を失いそうになるのも面白いです(笑)

3年ぶりに太陽黒点が消滅

昨日7月17日は、太陽黒点が一つも観測されなかったようです。
まだ宇宙天気情報センターの太陽黒点数データは更新されていませんが、おそらく17日は0になりそうです。
つい10日程前まで太陽黒点は200個を超える日もあったのに、まさか急に無くなってしまうとは
思いもしませんでした。

黒点数7月7日~10日間

提供:宇宙情報センター

太陽風も磁気圏も静かで、これではオーロラが出現する確率が低そうですね。

端折って説明すると、太陽黒点の領域内で太陽フレアが発生し、それに伴って多くの場合CME
(コロナ質量放出)も発生します。
このCMEのエネルギーが地球に到達してオーロラが現れます。
黒点とは関係なくフィラメント噴出でもCMEが発生しますが、フレア程頻繁には起こらないので、
期待は薄いでしょう。
ですが、オーロラが現れるのは必ずしもCMEの影響だけとは言い切れないので、
断言は出来ません。

太陽は赤道付近が約27日、極付近が約31日の周期で自転しています。
つい10日程前まで賑やかに太陽の表面を飾っていた黒点郡は、今は地球と反対側に移動しています。
この黒点郡が衰えずにまた地球側に来れば、黒点数もまた増えるでしょう。

宇宙天気ニュースによると、太陽黒点が最後に消滅したのは3年前2011年のこと。
2009年~2008年は太陽黒点0の日が、かなり長い間続きました。
私もこの時期の事はよく覚えています。
2010年、2011年も太陽黒点が少なかったですが、2013年の終わり、去年12月頃から徐々に
黒点数が増えて行き、今年に入って300個に届きそうな日もありました。

やっと太陽活動が元に戻ったのかと思っていたのに、またこんなニュースを聞くことになるとは
予想外でした。私に太陽の予想がつくはずもないですが…

太陽の11年周期説の通り、太陽は約11年毎に南極と北極の磁場が入れ替わってきました。
太陽活動のもっとも盛んな時期に、磁場の反転が起こります。

ところが今回の周期では、もっとも活動が盛んになるはずだった時期に太陽活動か弱まり、
まだ磁場の反転が起こっていません。

太陽観測衛星「ひので」の磁場観測によれば、北極はS極からN極へと変わりつつあるのに、
南極はN極のまま変化が見られないそうです。
北極も南極もN極、赤道付近にS極となり、磁場の4極化と言う、人類が観測した事がない
特殊な事態が起こりつつあります。

ひのでの観測

提供:国立天文台/JAXA  太陽観測衛星「ひので」、太陽極域磁場の反転を捉えた

詳しくは上記のリンクをご参照下さい。

 

人類が太陽黒点を観測したのは1745年から。まだ269年の歴史しかありません。
ちなみに最初に黒点を観測したのは、あの有名なガリレオ・ガリレイです。
太陽が誕生してから50億年という説を信じるなら、50億年の中で4極化現象は
珍しくないのかもしません。

ただ269年の歴史の中で考えられるのは、太陽活動が弱まると小氷期が起こるかもしれない
という事です。過去ににマウンダー極小期の例があります。

温暖化等と言われていますが(特に日本では) 地質学的に見て現在は間氷期です。
このまま、また太陽の活動が弱まってしまったらと思うと不安になります。