フォトンベルトは実在する?!証拠の映像を入手!

フォトンベルトといえば、似非科学。
似非科学ですらありませんね。
単なるファンタージーです。
元々はどこかのどなたかが書かれたSFストーリだと聞いた事があります。

銀河のある場所にフォトン(光子)が巨大なドーナツ状に集まっていて、
太陽系がそのフォトンベルトに突入して、人類が滅ぶだとか、選ばれた人だけが残るとかいう
内容だったように記憶しています。

何故、光子が一箇所に集まって停滞するのでしょう?
光子は停止しません。
秒速29万9792.458キロで通り過ぎて行きます。

普通に考えてもフォトンベルトなんて有り得ませんよね。
そんなものがあるとしたら、昼間降り注いだ太陽の光で、夜でも明るくて電気なんか要りませんよね。

「いくらSFだからって、もうちょっとマシなストーリーを考えましょうよ。
多少信ぴょう性のある設定にしないと、面白くありませんよ」

そう、私はフォトンベルトを馬鹿にして笑い飛ばしていたのです。
それなのにどうして今頃、フォトンベルトの話しなんか持ち出すのか、不思議に思われるかもしれまん。

それは、有り得ないはずのフォトンベルトが実在するという
衝撃の事実が判明したからです!
証拠の動画まで見せられてしまったら、もう否定しようがありません。
恐るべし、フォトンベルト!

↓問題の動画です。

 

Posted in area51.